老人ホームの入居方法

どこに着目するか

老人のホームに入居したい高齢者は、介護を要する人が少なくありません。入居の際に既に介護が必要な場合には、「特別老人ホーム」、「介護老人保健施設」や「認知症高齢者グループホーム(認知症対応型共同生活介護)」、「有料老人ホーム」があります。ところで、介護施設を選択するに当たって、民間の有料老人ホームよりも費用の安い公的な施設への入ることを希望する人が多いのは容易に想像できます。但し、特別養護老人ホームへの入所は介護の重要度の高い人優先されるのが通常です。従って、実際には「要介護3〜5」の人でないと、入所するのはかなり難しいと考えていいと思います。

介護老人保健施設は、要介護者が再び自立するためのリハビリを目的とした施設であるため、入所可能な期間は3ケ月程度です。特別養護老人ホームの順番待ちをしている人が、介護老人保健施設を転々とする、というケースも実態として多いのが実情のようです。また、認知症高齢者グループホームは、5〜9人の認知症高齢者が専門の介護者であるヘルパーのケアを受けながら生活する施設ですので、認知症以外の人は入所することはできません。

上記のように、公的介護施設の入居が困難な場合には、民間の有料老人ホームへの入所を選択をせざるをえません。かつては、有料老人ホームの入居費用は高額で、お金持ちしか入所できないというイメージがありましたが、近年は高齢化社会への移行に伴い、一般の高齢者も入居しやすいように費用に関しては低下傾向にあるようです。そのため、現在では有料老人ホームに入居している人は、決して特別なお金持ちばかりというわけではありません。

有料老人ホームには、様々な形態があり、料金も施設によって異なるため、施設を探す人にとっては実態がわかりにくくなっています。有料老人ホームは、サービス形態によって「健康型」、「住宅型」、「介護つき(一般型)」、「介護つき(外部サービス利用型)」の4種類があります。

健康型は、介護が不要で健康な高齢者を対象とした施設で。食事や入浴などのサービスがあり、介護が必要となった場合には、退居しなければなりません。但し、介護つきホームと提携している施設では、介護が必要になった際には、介護つきのホームに移ることができるシステムになっているところもあるようです。

⇒入居先探しはこちら
老人ホームならホームメイト・シニア

住宅型は、食事などの生活サービスのみ提供される点では健康型と同じです。介護が必要になった場合には、要介護認定を受け、外部の事業者の訪問介護サービスなどを個人契約で利用します。また、住宅型の老人ホームのほとんどは、併設で訪問介護サービスなどを運営しています。

介護つき有料老人ホームでは、退去しないかぎり、終身の介護を受けることができます。「介護つき」と称している施設は、人員・設備・運営に関する一定の基準を満たし、都道府県から特定施設入居者生活介護事業者の指定した施設です。

一方、介護つき(外部サービス委託型)では、外部の事業者の訪問介護サービスを受けることになります。日常の安否確認や、ケアプランの作成は、介護つき老人ホームのスタッフで行います。住宅型の場合と異なり、個人で外部の事業者と契約する必要はなく、介護つき老人ホームの事業者から委託された事業者のサービスを受けることになり、利用料は、介護つきホームに支払います。